--
業務検索

HOME業務検索 土質試験 土質試験のご案内

破線
お問い合わせ・ご依頼
  • お問い合わせ
  • 分析・測定・調査依頼書作成フォーム
  • 関係基準
  • FAQ
業務案内

土質試験のご案内

土木・建築工事において、設計・施工を安全かつ経済的に行うためには、地盤やその材料となる土について、その性質や特性、状態など十分に把握しなければなりません。
東海技術センターでは、土構造物の材料試験から建物地盤や土地の汚染としての土壌分析まで、"土"に関する各種試験を行っています。

物理的性質を求める試験

土の基礎的な物理的性質を求め、力学的性質の推定や材料土としての分類を行うための試験です。
土は、土粒子(固体),水(液体),空気(気体)の3成分によって構成されており、水分によって流動性は異なります。
また、土粒子部分には大小さまざまな大きさの粒子が混在しており、石や礫,砂,シルト,粘土によって構成されています。

土粒子の密度試験

土の粒度試験(沈降分析)

力学的性質を求める試験

土の強度や支持力などの力学的性質を求めるための試験です。
土の密度を人為的に高めることを締固めといい、土の水分の量や粒度、加えるエネルギーによって、締り具合が大きく変化します。また、締り具合によって、強度や支持力も変化します。
土の力学的性質は、安全かつ経済的な土構造物を作るための欠くことが出来ないデータとなります。

土の締固め試験

CBR試験(設計・修正)

土の一軸圧縮試験

原位置地盤調査

地質の状況や工事施工に必要な土質定数を得ることを目的として、原位置の地盤で直接実施する試験です。 
東海技術センターでは、ボーリング調査(標準貫入試験)やスウェーデン式サウンディング試験、平板載荷試験などの原位置地盤試験に対応しております。

ボーリング調査(標準貫入試験)

スウェーデン式サウンディング試験

平板載荷試験

化学的性質を求める試験

土の化学的性質は、植物の育成や土中構造物に影響を与えます。近年では、地盤環境問題の進展に伴い、その必要性が増しています。
東海技術センターでは、土質試験法に掲載されている項目の他、薬液注入工法におけるモニタリング項目、土壌環境基準のひ素や鉛などの28項目、土壌汚染対策法に基づく有害物質の六価クロムなどの26項目、肥料や土壌の養分(塩基性置換容量など)に関する試験も実施しております。

土の強熱減量試験

-