--
業務検索

HOME業務検索 製品VOC におい嗅ぎガスクロマトグラフ質量分析計

破線
お問い合わせ・ご依頼
  • お問い合わせ
  • 分析・測定・調査依頼書作成フォーム
  • 関係基準
  • FAQ
業務案内

におい嗅ぎガスクロマトグラフ質量分析計

におい嗅ぎガスクロマトグラフ質量分析計について

「におい」あるいは「におい物質」の分析については、各業界において様々な方法によって行われています。

官能試験実施状況

製品から発生するにおいについてはクレームの発生原因となることもあり、一部の業界では製品のにおいについて官能評価を行っています。官能評価は人の嗅覚によるため、においの強さや質を的確に評価することが出来たとしても、その原因が製品に使用されているどのような化学物質によるのかを推定することは一般には困難です。

におい嗅ぎガスクロマトグラフ質量分析計

これらの化学物質を推定するためにガスクロマトグラフ質量分析計(GC/MS)が使用されますが、得られたピークが必ずしもにおい成分であるわけではありません。これに対してGC/MSににおい嗅ぎポートをつけたのがにおい嗅ぎGC/MSです。

におい嗅ぎガスクロマトグラフ質量分析計のしくみ

におい嗅ぎGC/MSでは、カラムに導入した物質をカラム分離後に、におい嗅ぎ装置と質量分析計に分けます。
におい嗅ぎ装置でにおいを感知し、かつ質量分析計でマススペクトルを記録することで、におい成分を推定することが出来ます。

におい嗅ぎガスクロマトグラフ質量分析計の概要

測定例

におい物質は人がかぎ分けられる濃度(閾値)が非常に低いものがあり濃縮した後、分析する必要があります。 
濃縮法には様々な方法がありますが、ここでは固相マイクロ抽出(SPME)を使用した例を示します。
注)SPMEとはファイバーの先端にコーティングされた各種吸着材に化学物質を吸着濃縮する手法です。

SPMEによるサンプリング

測定結果例

におい嗅ぎGC/MSではにおいを感知したことを装置により入力し、クロマトグラム上に重ね書きすることが出来ます。
また、その際に音声により、においについての情報を入力することが出来ます。
例に示したようにピークとして検出されてもにおいとして感じられない物質があることがわかります。

クロマトグラム例

-