--
業務検索

HOME業務検索 PCB 絶縁油中の微量PCB分析のご案内

破線
お問い合わせ・ご依頼
  • お問い合わせ
  • 分析・測定・調査依頼書作成フォーム
  • 関係基準
  • FAQ
業務案内

絶縁油中の微量PCB分析のご案内

〜微量PCB簡易測定法に対応いたしました!〜

PCB不使用とされる電気機器にも微量PCB汚染が存在します!!

近年、PCBを使用していないとされる重電気機器等(高圧トランス、コンデンサ、照明器具の安定器等)についても、数mg/kg〜数十mg/kgの微量PCBに汚染された絶縁油を含むものの存在が明らかとなっています。
絶縁油を含む重電気機器等を廃棄処分する際には、あらかじめPCB含有の有無を確認することが必要となっています(環廃産発第040217005号 平成16年2月17日)。

≪ PCB含有の有無の確認には、絶縁油の分析が必要です≫
 
PCB含有量が0.5mg/kg以上の廃電気機器(微量PCB汚染廃電気機器)はPCB廃棄物として、役所への届出(保管・処分)など各種手続きが必要となり、違反した場合には罰金等の処分が科せられます。

絶縁油中微量PCBに関する簡易測定法マニュアルに対応しました!

平成22年1月25日付で環境省より「絶縁油中の微量PCBに関する簡易測定法マニュアル」が公表され、同年7月1日より廃電気機器等に係る絶縁油中の微量PCB濃度の測定は、「上記簡易測定法」を含む公定法により測定することとなっています。


(財)東海技術センターでは、微量PCBに関する簡易測定法マニュアルに対応し、「絶縁油中のPCB分析」を行っておりますので、ご用命の際はお問い合せください。

試料採取キットを無料でご用意いたします!

絶縁油の試料をお客様ご自身が採取される場合には、採取器具を無料でご用意いたします。
お客様のご希望に応じ、出張採取(有料)も承ります。


※確認分析に先立ち、銘板に記載されている型番・製造年月等に基づき各メーカーにPCB含有の可能性についてご確認ください。
なお、型番が不明な場合でも分析いたします。
※安定器等については、別途分解費をいただく場合もございます。


重要:型番のチェック前に必ず下記注意事項をお読みください。

試料採取キット

注意事項

感電死する危険があります!
通電中は絶対に近づかないでください。


使用中製品から採取する際には通電していない状態であることを電気管理会社等に必ず確認してください。

分析機器の紹介

〜 微量PCB分析補助金制度について 〜
愛知県をはじめとする各都道府県等では、グリーンニューディール基金を活用した「微量PCB汚染廃電気機器濃度分析費補助金制度」を実施しています。
東海技術センターでは、補助金制度申請書類の作成もご支援いたします。

絶縁油中のPCB簡易測定専用前処理装置:加熱多層シリカゲルカラム/アルミナカラム

キャピラリーガスクロマトグラフ/電子捕獲型検出器(GC/ECD)

-