--

 

環境に関する基準

HOME研究開発→測定・分析及び環境保全に関する技術者等の養成

破線
お問い合わせ・ご依頼
  • お問い合わせ
  • 分析・測定・調査依頼書作成フォーム
  • 関係基準
  • FAQ
研究開発
測定・分析及び環境保全に関する技術者等の養成

講師派遣

(一社)愛知県環境測定分析協会、
(一社)産業環境管理協会及び民間企業等の講師派遣要請に応え、職員を派遣した。

@ (一社)愛知県環境測定分析協会から、「環境測定分析新任者研修会」、「中堅者実務者研修会」に関する
講師派遣依頼を受け、延べ2名が講義を行った。

A (一社)産業環境管理協会から「公害防止管理者の認定講習」及び「公害防止管理者受験講習」の講師派遣依頼を受け、延べ4名が講義を行った。

B (株)大同分析リサーチから「作業環境測定法に関する登録講習」の講師派遣依頼を受け、
労働衛生管理の実務について1名が年5回の講義を行った。

研修生の受け入れ

「働くチカラPROJECT東海」(一般社団法人 fabrica)からの依頼により、学生を受け入れ、測定分析技術等に係る研修指導を実施した。

インターンシップ研修生の受け入れ(計2名)

・名古屋市立大学
(1名)
期  間 令和元年9月11日、12日
内  容 発達障害やコミュニケーションが苦手な学生を受け入れ、
調査分析事業部において環境測定分析等を実習、指導した。
・名古屋大学
(1名)
期  間 令和2年2月18日〜5月17日(予定)
内  容 発達障害やコミュニケーションが苦手な学生を受け入れ、
調査分析事業部において環境測定分析等を実習、指導した。

(公社)におい・かおり環境協会の事業への協力

悪臭防止法に基づき(公社)におい・かおり環境協会から嗅覚検査員の委託を受け、本所セントラルラボにおいて、
嗅覚検査を実施した。

測定・分析及び環境保全に関する技術の指導相談並びに情報の収集・提供

外部との連携活動

中部地区の産業界の環境オピニオンリーダーが中心となって活動している環境パートナーシップ・CLUB
(EPOC)に発足以来継続して参加し、分科会メンバーとして社会貢献活動をした。

環境に関するイベントへの協賛等

@ 愛知県主催「特定非営利活動法人もりの学舎自然学校」に協賛

A 名古屋市主催「環境デーなごや2019」に協賛

B (一社)中部電気管理技術者協会が主催する展示会に参加(PCB分析関連)

技術発表

@ 第25回中日本会技術交流会(主催:中日本建設コンサルタント梶F令和元年8月30日)

「生物化学的酸素要求量(BOD)から見た排水処理の課題解析事例」
発表者:調査分析事業部 原 健二

A 第27回日環協・環境セミナー全国大会inくまもと
(主催:(一社)日本環境測定分析協会:令和元年10月18日)

  「生物化学的酸素要求量(BOD)から見た排水処理の課題解析事例」
発表者:調査分析事業部 原 健二

B 第34回愛知県建築物環境衛生管理研究集会(主催:(一社)愛知ビルメンテナンス協会:令和2年2月6日) 「VOC(揮発性有機化合物)のパージガス変更(ヘリウムから窒素)による精度確認とヘリウム使用量の削減」

発表者:調査分析事業部 伊藤里紗

C  AEWG(62th Acoustic Emission Working Group)(シカゴ/米国)
(主催:IIIAE & AEWG etc.;令和元年6月18日)

「Application of Surface-Wave Tomography to Sealed Conditions of Repaired Cracks in Concrete」
発表者:営業開発部 奥出信博

D 第19回コンクリート構造物の補修,補強,アップグレードシンポジウム(京都)
(主催:(公社)日本材料学会;令和元年10月17日)

  「表面波を利用したコンクリートのひび割れ注入材の充填評価」 発表者:営業開発部 奥出信博

E 第22回AE総合コンファレンス(新潟) (主催:(一社)日本非破壊検査協会;令和元年10月23日)

「表面波を利用したコンクリートへのひび割れ注入材の充填評価に関する基礎的検討」
発表者:営業開発部 奥出信博

F INDTCE-2017 (Innovative Non-Destructive Testing for Civil Engineers)(ハワイ/米国)
(主催:Advanced Technology Institute of Infra-Maintenance;令和元年11月22日)

 「Proposal of maintenance management incorporated with repair assessment and prospective fundamental studies on ultrasonic contributing to the quantitative repair efficiency」
発表者:営業開発部 奥出信博

G 第5回『KABSE(関西橋梁構造委員会)AE-ver.3』(静岡)
(主催:KABSE(関西橋梁構造委員会);令和2年1月27日)

 「レイリー波の振幅分布関数を利用したコンクリートのひび割れ深さ評価と注入材の充填評価」
発表者:営業開発部 奥出信博

<以下、講演>
H コンクリート工事用樹脂部門委員会・技術講習会(京都)
(主催:(公社)日本材料学会;令和元年9月17日)

 「弾性波を利用したコンクリートのひび割れ注入材の充填評価に関する検討」 発表者:営業開発部門 奥出信博

I 東海コンクリート診断士会・現場見学会(名古屋)
(主催:東海コンクリート診断士会;令和元年11月1日)

 「弾性波によるコンクリートの健全性評価手法の紹介」 発表者:営業開発部 奥出信博

委員会への委員派遣等

@ (一社)日本環境測定分析協会

理事会、水質・土壌技術委員会、騒音・振動技術委員会、web・広報委員会、
放射線及び放射能濃度調査・測定法研究会メンバー

A (一社)愛知県環境測定分析協会

理事会、総務委員会、企画・対外交流委員会、教育・研修委員会、広報委員会、技術委員会、ホームページ委員会

B (一社)日本環境アセスメント協会中部支部

運営委員会

C (公財)愛知公園協会

富野鳥園運営会議

D東海無機分析化学研究会

環境部会、セラミック部会

E愛知県特定計量証明事業協会

技術者懇談会

F愛知土壌・地下水汚染対策研究会

G (一社)ソフトコアリング協会

技術委員会

H (一社)日本作業環境測定協会東海支部

教育活動委員会、用語集改定小委員会

I EPOC分科会

環境経営分科会、自然共生社会分科会

J(公社)日本コンクリート工学会

コンクリート構造物のインフラドック構築フィージビリティ調査研究委員会  

J経済産業省 令和元年度戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)

「建築物におけるアスベスト含有仕上塗材を安全かつ完全に除去できる革新的剥離工法の開発」
研究開発委員会   

環境教育啓発活動

施設見学、職場見学の受け入れは、次のとおりであった。

年 度 見学を受け入れた会社(団体)数 人 数
平成30年度 12社(団体) 延べ34名
令和元年度 22社(団体) 延べ41名
測定分析に係る精度管理のための技能試験等への参加

技術のレベルアップを図るため、外部精度管理のための技能試験等に積極的に参加した。

@令和元年度環境測定分析統一精度管理調査 1回
A厚生労働省平成31年度水道水質検査精度管理のための統一調査    1回
B令和2年度環境水質調査(入札参加のための技術審査)
愛知県環境調査センター
1回
C水道水質検査に関わる外部精度管理調査(令和元年度)
(一社)全国給水衛生検査協会
2回
D令和元年度JNLA技能試験
全国生コンクリート工業組合連合会
4回
EISO/IECガイド43−1に基づく技能試験
(一社)日本環境測定分析協会

5回
Fダイオキシン類技能試験
(一社)日本環境測定分析協会
  
1回
Gクロスチェック(ダイオキシン類)
(一社)日本環境測定分析協会
1回
H絶縁油中PCB分析に関するクロスチェック
(一社)日本環境測定分析協会
1回
I国際試験所間比較試験(UILI−ILP)
(一社)日本環境測定分析協会
1回
J石綿分析技術評価に係る技能試験
(一社)日本環境測定分析協会
3回
K総合精度管理事業に係る技能試験(作業環境)
(一社)日本環境測定分析協会
2回
L嗅覚測定法クロスチェック
(公社)におい・かおり環境協会

1回
M共同実験
(一社)愛知県環境測定分析協会
愛知県飲料水水質管理協会
愛知水質精度管理協会
大阪環境測定分析事業者協会
ビーエルテック(株)
2回
2回
1回
1回
1回
NSELF(分析値自己管理)
(一社)日本環境測定分析協会

4回
O放射能測定クロスチェック
(一社)日本環境測定分析協会
(公社)日本分析化学会

1回
1回
P産業廃棄物の検定方法に係る精度管理調査
(一社)廃棄物資源循環学会

1回
Q地盤材料試験の技能試験
(公財)地盤工学会

1回
受賞

(1)(一社)日本環境測定分析協会による令和元年度表彰

環境測定分析功労者表彰  営業開発部長 飯沼 貴浩


(2)(一社)愛知県環境測定分析協会による令和元年度表彰

正会員従業員表彰  材料分析事業部 三井 和代

  次のページへ (AEに関する取り組み) ≫
--