--
環境に関する基準

HOME研究開発→測定・分析及び環境保全に関する技術者等の養成

破線
お問い合わせ・ご依頼
  • お問い合わせ
  • 分析・測定・調査依頼書作成フォーム
  • 関係基準
  • FAQ
研究開発
測定・分析及び環境保全に関する技術者等の養成

講師派遣

(一社)愛知県環境測定分析協会、(一社)産業環境管理協会及び民間企業等の講師派遣要請に応え、職員を派遣した。

@ (一社)愛知県環境測定分析協会から、「平成29年度 環境測定分析新任者研修会」に関する講師派遣依頼を受け、1名が講義を行った。

A (一社)愛知県環境測定分析協会から、「平成29年度 中堅実務者研修会」に関する講師派遣依頼を受け、2名が講義を行った。

B (一社)産業環境管理協会から「公害防止管理者の認定講習」及び「公害防止管理者受験講習」の講師派遣依頼を受け、延べ8名が講義を行った。

C (株)大同分析リサーチから「作業環境測定法に関する登録講習」の講師派遣依頼を受け、労働衛生管理の実務について1名が年5回の講義を行った。

研修生の受け入れ

大学からの依頼により、学生を受け入れ、環境調査、測定分析技術等に係る研修指導を実施した。

インターンシップ研修生の受け入れ(計4名)

・中部大学
期  間 平成29年8月18日〜31日(1名)
平成29年9月4日〜15日(2名)
内  容 工学部応用化学科の学生1名
及び応用生物学部応用生物化学科の学生2名を受け入れ、
調査分析事業部において環境測定分析全般を実習、指導した。
・名城大学
期  間 平成29年9月4日〜15日
内  容 理工学部応用化学科の学生1名を受け入れ、
調査分析事業部において環境測定分析全般を実習、指導した。

(公社)におい・かおり環境協会の事業への協力

悪臭防止法に基づき(公社)におい・かおり環境協会から嗅覚検査員の委託を受け、当TTC内において、嗅覚検査を実施した。

測定・分析及び環境保全に関する技術の指導相談並びに情報の収集・提供

外部との連携活動

中部地区の産業界の環境オピニオンリーダーが中心となって活動している環境パートナーシップ・CLUB(EPOC)に発足以来継続して参加し、分科会メンバーとして社会貢献活動をした。また、(公財)名古屋産業振興公社等で構成する「資源循環ものづくりシンポジウム」の主催団体として、同シンポジウムの企画・運営に参画し支援した。

環境に関するイベントへの協賛等

@ 愛知県主催「特定非営利活動法人もりの学舎自然学校」に協賛

A 名古屋市主催「環境デーなごや2017」に協賛

B (一社)中部電気管理技術者協会が主催する展示会に参加(PCB分析関連)

技術発表

@ 第25回日環協・環境セミナー全国大会in千葉
(主催:一般社団法人日本環境測定分析協会;平成29年10月13日)

「紫外吸光光度法による窒素分析における妨害物質の影響とその対応事例について」
発表者 調査分析事業部 ○岡ア正憲、原 健二

A 第32回愛知県建築物環境衛生管理研究集会
(主催:愛知県管工事業協同組合連合会/一般社団法人愛知ビルメンテナンス協会;平成30年2月1日)

「ホルムアルデヒドの分析法における精度とコストの比較」
発表者 調査分析事業部 苅谷あずみ

B 論文発表:愛知工業大学総合研究所研究報告第19号,pp67-69,November2017(愛知工業大学)

「写真を活用したコンクリートのひび割れ調査」
発表者 受注拡大推進室 小島淳一

C 第23回中日本会技術交流会(主催:中日本建設コンサルタント梶j

「橋脚の診断評価(標準調査によるひび割れの原因推定)」
論文投稿 地盤環境・建材試験事業部 吉田真城

D 2017年度日本機械学会年次大会(埼玉) 特別企画
(主催:日本機械学会;平成29年9月4日)

「アコースティック・エミッション法の基礎と診断〜軸受AE 計測の実演〜」
発表者:事業部統括本部 奥出信博

E 第21回 アコースティック・エミッション総合コンファレンス(徳島)
(主催:一般社団法人日本非破壊検査協会;平成29年11月10日)

「AE トモグラフィを用いたコンクリート床版の損傷評価に関する研究」
発表者:事業部統括本部 奥出信博

F Innovative Non-Destructive Testing for Civil Engineers Hawaii 2017
(主催:Advanced Technology Institute of Infra-Maintenance;平成29年11月22日)

「Damage evaluation techniques for concrete slab using AE Tomography」
発表者:事業部統括本部 奥出信博

委員会への委員派遣等

@(一社)日本環境測定分析協会

理事会、騒音・振動技術委員会、web・広報委員会
放射線及び放射能濃度調査・測定法研究会メンバー

A(一社)愛知県環境測定分析協会

理事会、総務委員会、企画・対外交流委員会、教育・研修委員会、広報委員会、技術委員会、ホームページ委員会

B(一社)日本環境アセスメント協会中部支部

運営委員会

C (公財)愛知公園協会

平成28年度弥富野鳥園運営会議

D 東海無機分析化学研究会

環境部会、セラミック部会

E 愛知県特定計量証明事業協会

技術者懇談会

F 愛知土壌・地下水汚染対策研究会

G (一社)ソフトコアリング協会

技術委員会

H (一社)日本作業環境測定協会東海支部

教育活動委員会、用語集改定小委員会

I EPOC分科会

環境経営分科会、自然共生社会分科会

J (公社)日本コンクリート工学会

コンクリート構造物のインフラドック構築フィージビリティ調査研究委員会

環境教育啓発活動

施設見学、職場見学の受け入れは、次のとおりであった。

年 度 見学を受け入れた会社(団体)数 人 数
平成28年度 12社(団体) 延べ26名
平成29年度 10社(団体) 延べ39名
測定分析に係る精度管理のための技能試験等への参加

測定分析技術を研鑽するため、外部精度管理に積極的に参加した。

@環境省平成29年度環境測定分析統一精度管理調査 1回
A厚生労働省平成29年度水道水質検査精度管理のための統一調査 1回
B平成30年度環境水質調査(入札参加のための技術審査)
愛知県環境調査センター
1回
C水道水質検査に関わる外部精度管理調査(平成29年度)
(一社)全国給水衛生検査協会
2回
D平成29年度JNLA技能試験
(一財)建材試験センター
3回
EISO/IECガイド43−1に基づく技能試験
(一社)日本環境測定分析協会、(公社)日本分析化学会
7回
Fダイオキシン類技能試験
(公社)日本分析化学会
1回
Gクロスチェック(ダイオキシン類)
(一社)日本環境測定分析協会 極微量物質(UTA)研究会
1回
H絶縁油中PCB分析に関するクロスチェック
(一社)日本環境測定分析協会
1回
I国際試験所間比較試験(UILI−ILP)
(一社)日本環境測定分析協会
1回
K石綿分析に係るクロスチェック、技能試験
(一社)日本環境測定分析協会、(公社)日本作業環境測定協会
3回
L嗅覚測定法クロスチェック
(公社)におい・かおり環境協会
1回
M共同実験
(一社)日本環境測定分析協会
(一社)愛知県環境測定分析協会
愛知県飲料水水質管理協会
愛知水質精度管理協会

1回
2回
2回
1回
NSELF(分析値自己管理)
(一社)日本環境測定分析協会
4回
O放射能測定クロスチェック
(独)産業技術総合研究所、(公財)日本分析センター
2回
P総合精度管理事業(平成29年度)
(公社)日本作業環境測定協会
1回
受賞

環境測定分析業務に功績顕著である者として、(一社)愛知県環境測定分析協会から平成29年度表彰を受けた。

計量関係功労者表彰    営業開発部   市川ゆかり

正会員従業員表彰     調査分析事業部 岡ア 正憲

  次のページへ (AEに関する取り組み) ≫
--