--
環境に関する基準

HOME環境に関する基準→放射能関連

破線
お問い合わせ・ご依頼
  • お問い合わせ
  • 分析・測定・調査依頼書作成フォーム
  • 関係基準
  • FAQ
環境に関する基準
  • 大気汚染関係
  • 水質汚濁関係
  • 土壌汚染関係
  • 悪臭関係
  • 騒音関係
  • 振動関係
  • 作業環境関係
  • 水道法関係
  • 廃棄物関係
  • シックハウス(室内空気汚染)
  • 放射能関連
放射能関連

放射能関連の基準値、暫定規制値、暫定許容量、指標値

食品中の放射性物質に関する基準値(平成24年4月1日から施行)

放射性物質 濃度(Bq/kg) 備 考
放射性セシウム
(セシウム134、137)
飲料水 10

※放射性ストロンチウム、プルトニウムなどを含めて基準値を設定

※経過措置により米,牛肉は平成24年9月30日まで,大豆は平成24年12月31日まで暫定規制値が適用される。

※経過措置により暫定規制値が適用される期間内に製造・加工された食品は,賞味期限まで流通が認められる。

牛乳 50
乳児用食品 50
一般食品 100

出展:厚生労働省

食品中の放射性物質に関する暫定規制値(平成24年3月31日まで)

放射性物質 濃度(Bq/kg) 備 考
放射性ヨウ素
(ヨウ素131)
飲料水 * 300

*食品衛生法に基づく乳児の飲用に関する暫定的な指標値は,100Bq/kg

牛乳 *・乳製品
野菜類
(根菜,芋類を除く)
2,000
魚介類
放射性セシウム
(セシウム134,137)
飲料水 200
牛乳・乳製品
野菜類 500
穀類
肉・卵・魚その他

出展:厚生労働省

焼却灰等の処分方法に関する方針について

放射性物質 濃度(Bq/kg) 備 考
放射性セシウム
(セシウム134,137)
埋立処分 8,000

 

方針中の処分方法に従った埋立処分 100,000

出展:環境省

水浴場の放射性物質に関する暫定基準値

放射性物質 濃度(Bq/kg) 備 考
放射性ヨウ素
(ヨウ素131)
水浴場の水 30

 

放射性セシウム
(セシウム134,137)
水浴場の水 50

出展:環境省

放射性セシウムを含む肥料・土壌改良資材・培土及び飼料の暫定許容値

放射性物質 濃度(Bq/kg) 備 考
放射性セシウム
(セシウム134,137)
肥料・土壌改良資材・培土・家畜用敷料 400

*1 粗飼料は水分含有量8割ベース、その他飼料は製品重量

*2 製品重量、ただし粗飼料は水分含有量8割ベース

*3 製品重量

牛、馬用飼料 *1 100
豚用飼料 *2 80
家きん用飼料 *2 160
養殖魚用飼料 *3 40

出展:農林水産省

調理加熱用の薪及び木炭の当面の指標値

放射性物質 濃度(Bq/kg) 備 考
放射性セシウム
(セシウム134,137)
薪(乾重量) 40

 

木炭(乾重量) 280

出展:林野庁

きのこ原木及び菌床用培地の当面の指標値

放射性物質 濃度(Bq/kg) 備 考
放射性セシウム
(セシウム134,137)
きのこ原木及びほだ木(乾重量) 50

経過措置対象:きのこ原木及びほだ木の前指標値(50Bq/kgを超え,150Bq/kg以下のもの)
経過措置の対象きのこ原木等を使用するきのこ生産者が所在する都道府県が、発生したきのこの放射性物質検査を行い、当該きのこが食品の基準値を超えないことを出荷前に確認することを条件として、自県内での使用に限り可能とします。

菌床用培地及び菌床(乾重量) 200

出展:林野庁

砕石及び砂利の出荷基準の検討について

放射性物質 濃度(Bq/kg) 備 考
放射性セシウム
(セシウム134,137)
砕石・砂利 100

対象試料:砂及び真砂土を含む
対象地域:福島県浜通り、中通りの地域にある砕石場及び砂利採取場
暫定規定値:Cs134及びCs137の合計値
ただし、対象地域における道路、河川等の屋外の公共工事に使用される製品については、当面の間、定期的に代表的な複数箇所から製品をサンプル測定し、表面線量率が0.23μSv/h以下であれば出荷可能とする。

出展:経済産業省

-
-
≪ 前のページへ (シックハウス(室内空気汚染))  
-