--
環境に関する基準

HOME環境に関する基準→騒音関係

破線
お問い合わせ・ご依頼
  • お問い合わせ
  • 分析・測定・調査依頼書作成フォーム
  • 関係基準
  • FAQ
環境に関する基準
  • 大気汚染関係
  • 水質汚濁関係
  • 土壌汚染関係
  • 悪臭関係
  • 騒音関係
  • 振動関係
  • 作業環境関係
  • 水道法関係
  • 廃棄物関係
  • シックハウス(室内空気汚染)
  • 放射能関連
騒音関係

定義

1.特定施設 騒音規正法執行令令別表第1に掲げる11施設(略)
2.特定建設作業 騒音規正法執行令別表第2に掲げる8作業(略)

環境基準 (H.10.9.30環境庁告示第64号)

一般基準

地域の類型 時間の区分 該当地域
昼間 夜間
AA 50デシベル以下 40デシベル以下 騒音に係る環境基準の類型を当てはめる地域の指定に係る法定受託事務の処理基準について(H13.1.5 環大企3号)の規定に基づき都道府県知事が地域の類型ごとに指定する地域
環境基準に係る水域及び地域の指定の事務に関する政令(H.5年政令第371号)第2項の規定に基づき都道府県知事が地域の区分ごとに指定する地域
A及びB 55デシベル以下 45デシベル以下
C 60デシベル以下 50デシベル以下

道路に面する地域の基準

地域の区分 時間の区分
昼間 夜間
A地域のうち2車線以上の車線を有する道路に面する地域 60デシベル以下 55デシベル以下
B地域のうち2車線以上の車線を有する道路に面する地域及び
C地域のうち車線を有する道路に面する地域
65デシベル以下 60デシベル以下

備考:車線とは1縦列の自動車が安全かつ円滑に走行するために必要な一定の幅員を有する帯状の車道部分をいう。この場合において、幹線交通を担う道路に近接する空間については、上表にかかわらず、特例として次表の基準値の欄に掲げるとおりとする。

時間の区分 備考
昼間 夜間
70デシベル以下 65デシベル以下 個別の住居等において騒音の影響を受けやすい面の窓を主として閉めた生活が営まれていると認められるときは、屋内へ透過する騒音に係る基準(昼間にあっては45デシベル以下、夜間にあっては40デシベル以下)によることができる。

時間の区分:昼間 午前6時から午後10時まで

夜間 午後10時から翌日の午前6時まで

基準値は等価騒音レベル (LAeq)

規制基準

1.特定工場等 「特定工場等において発生する騒音の規制に関する基準(S43.11.27 厚生省、農林省、通商産業省、運輸省 告示 第1号)」

  昼間 朝・夕 夜間
第1種区域 45〜50デシベル以下 40〜45デシベル以下 40〜45デシベル以下
第2種区域 50〜60デシベル以下 45〜50デシベル以下 40〜50デシベル以下
第3種区域 60〜65デシベル以下 55〜65デシベル以下 50〜55デシベル以下
第4種区域 65〜70デシベル以下 60〜70デシベル以下 55〜65デシベル以下

2.特定建設作業 「特定建設作業に伴って発生する騒音の規制に関する基準(S43.11.27 厚生省、建設省 告示 第1号)」

  特定建設作業の規制に関する基準 作業が
できない時間
1日当たりの
作業時間
同一場所に
おける作業期間
日曜・休日
における
作業
第1号
区域
第2号
区域
第1号
区域
第2号
区域
特定建設作業の場所の敷地の境界線 85デシベルを超える大きさのものでないこと 午後7時

翌日の
午前7時
午後10時

翌日の
午前6時
10時間 14時間 連続6日 禁止
-
-
≪ 前のページへ (悪臭関係) 次のページへ (振動関係) ≫
-