--
環境に関する基準

HOME環境に関する基準→水質汚濁関係

破線
お問い合わせ・ご依頼
  • お問い合わせ
  • 分析・測定・調査依頼書作成フォーム
  • 関係基準
  • FAQ
環境に関する基準
  • 大気汚染関係
  • 水質汚濁関係
  • 土壌汚染関係
  • 悪臭関係
  • 騒音関係
  • 振動関係
  • 作業環境関係
  • 水道法関係
  • 廃棄物関係
  • シックハウス(室内空気汚染)
  • 放射能関連
水質汚濁関係

環境基準 (S.46.12.28環境庁告示第59号 H15.11.5 環境庁告示第123号)

1.人の健康の保護に関する環境基準 ◎地下水の水質汚濁に係る環境基準(H.9.3.13環境庁告示第10号)

単位mg/リットル

項目 基準値
カドミウム 0.003以下
全シアン 検出されないこと
0.01以下
六価クロム 0.05以下
砒素 0.01以下
総水銀 0.0005以下
アルキル水銀 検出されないこと
P C B 検出されないこと
ジクロロメタン 0.02以下
四塩化炭素 0.002以下
塩化ビニルモノマー ※1) 0.002以下
1,2−ジクロロエタン 0.004以下
1,1−ジクロロエチレン 0.02以下
シス−1,2−ジクロロエチレン 0.04以下
1,2−ジクロロエチレン ※1) 0.04以下
1,1,1−トリクロロエタン ※2) 1以下
1,1,2−トリクロロエタン 0.006以下
項目 基準値
トリクロロエチレン 0.01以下
テトラクロロエチレン 0.01以下
1,3−ジクロロプロペン 0.002以下
チウラム 0.006以下
シマジン 0.003以下
チオベンカルブ 0.02以下
ベンゼン 0.01以下
セレン 0.01以下
硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 10以下
ふっ素 0.8以下
ほう素 1以下
1,4−ジオキサン 0.05以下
ダイオキシン類 水質 1pg−TEQ/リットル以下
(H.11.12.27環告第68号)
底質 150pg−TEQ/g以下
(H.14.7.22環告第46号)

基準値は年間平均値とする。但し、全シアンについては、最高値とする。
海域については、ふつ素及びほう素の基準値は適用しない。
※1)は、地下水のみ適用される。
※2)は、地下水以外に適用される。

2.生活環境の保全に関する環境基準

ア 河川

類型 pH BOD SS DO 大腸菌群数
AA 6.5〜8.5 1mg/リットル以下 25mg/リットル以下 7.5mg/リットル以上 50MPN/100mリットル以下
A 6.5〜8.5 2mg/リットル以下 25mg/リットル以下 7.5mg/リットル以上 1,000MPN/100mリットル以下
B 6.5〜8.5 3mg/リットル以下 25mg/リットル以下 5mg/リットル以上 5,000MPN/100mリットル以下
C 6.5〜8.5 5mg/リットル以下 50mg/リットル以下 5mg/リットル以上
D 6.0〜8.5 8mg/リットル以下 100mg/リットル以下 2mg/リットル以上
E 6.0〜8.5 10mg/リットル以下 ごみ等の浮遊が認められないこと 2mg/リットル以上

基準値は日間平均値とする。

単位mg/リットル

項目 類型 生物A 生物特A 生物B 生物特B
全亜鉛 0.03以下 0.03以下 0.03以下 0.03以下
ノニルフェノール 0.001以下 0.0006以下 0.002以下 0.002以下
直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩(LAS) 0.03以下 0.02以下 0.05以下 0.04以下

基準値は年間平均値とする。

イ 湖沼

類型 pH BOD COD
(mg/L)
SS DO 大腸菌群数
AA 6.5〜8.5 1mg/リットル以下 1以下 1mg/リットル以下 7.5mg/リットル以上 50MPN/100mリットル以下
A 6.5〜8.5 3mg/リットル以下 3以下 5mg/リットル以下 7.5mg/リットル以上 1,000MPN/100mリットル以下
B 6.5〜8.5 5mg/リットル以下 5以下 15mg/リットル以下 5mg/リットル以上
C 6.0〜8.5 8mg/リットル以下 8以下 ごみ等の浮遊が認められないこと 2mg/リットル以上

基準値は日間平均値とする。

単位mg/リットル

項目 類型T U V W X
T−N 0.1以下 0.2以下 0.4以下 0.6以下 1以下
T−P 0.005以下 0.01以下 0.03以下 0.05以下 0.1以下

基準値は年間平均値とする。

単位mg/リットル

項目 類型 生物A 生物特A 生物B 生物特B
全亜鉛 0.03以下 0.03以下 0.03以下 0.03以下
ノニルフェノール 0.001以下 0.0006以下 0.002以下 0.002以下
直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩(LAS) 0.03以下 0.02以下 0.05以下 0.04以下

基準値は年間平均値とする。

ウ 海域

類型 pH COD DO 大腸菌群数 ノルマルヘキサン抽出物質(油分等)
A 7.8〜8.3 2mg/リットル以下 7.5mg/リットル以上 1,000MPN/100mリットル以下 検出されないこと
B 7.8〜8.3 3mg/リットル以下 5mg/リットル以上 検出されないこと
C 7.0〜8.3 8mg/リットル以下 2mg/リットル以上

基準値は日間平均値とする。

単位mg/リットル

項目 類型T U V W
T−N 0.2以下 0.3以下 0.6以下 1以下
T−P 0.02以下 0.03以下 0.05以下 0.09以下

基準値は年間平均値とする。

単位mg/リットル

項目 類型 生物A 生物特A
全亜鉛 0.02以下 0.01以下
ノニルフェノール 0.001以下 0.0007以下
直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩(LAS) 0.01以下 0.006以下

基準値は年間平均値とする。

排水基準 (S.46.6.21総理府令第35号)

ア 有害物質

単位mg/リットル

項目 許容限度
カドミウム及びその化合物 0.03
シアン化合物 1
有機燐化合物 1
鉛及びその化合物 0.1
六価クロム化合物 0.5
砒素及びその化合物 0.1
総水銀 0.005
アルキル水銀化合物 検出されないこと
ポリ塩化ビフェニル 0.003
トリクロロエチレン 0.3
テトラクロロエチレン 0.1
ジクロロメタン 0.2
四塩化炭素 0.02
1,2−ジクロロエタン 0.04
1,1− ジクロロエチレン 1
項目 許容限度
シス−1,2− ジクロロエチレン 0.4
1,1,1− トリクロロエタン 3
1,1,2− トリクロロエタン 0.06
1,3− ジクロロプロペン 0.02
チウラム 0.06
シマジン 0.03
チオベンカルブ 0.2
ベンゼン 0.1
セレン及びその化合物 0.1
ほう素 海域以外 10
海域 230
ふっ素 海域以外 8
海域 15
窒素化合物 100
1,4-ジオキサン 0.5
ダイオキシン類 別途記載

[注] 有機燐化合物:パラチオン、メチルパラチオン、メチルジメトン及びEPN
[注] 総水銀:水銀及びアルキル水銀その他の水銀化合物
[注] 窒素化合物:アンモニア性窒素に0.4を乗じたもの、亜硝酸性窒素及び硝酸性窒素の合量

イ 生活環境項目

項目 pH BOD
(mg/リットル
COD
(mg/リットル
SS
(mg/リットル
ノルマルヘキサン 抽出物質
(鉱油類)
(mg/リットル
ノルマルヘキサン 抽出物質
(動植物油脂類)
(mg/リットル
フェノール類 (mg/リットル
許容
限度
海域以外:5.8〜8.6
海域:5.0〜9.0
160
(日間
平均120)
160
(日間
平均120)
200
(日間
平均150)
5 30 5
項目
(mg/リットル
亜鉛
(mg/リットル
溶解性鉄
(mg/リットル
溶解性マンガン
(mg/リットル
クロム
(mg/リットル
大腸菌群数
(mg/リットル
窒素
(mg/リットル

(mg/リットル
許容
限度
3 2 10 10 2 日間平均
3,000
120
(日間 平均60)
16
(日間 平均8)

[備考]

1.「日間平均」による許容限度は、1日の排出水の平均的な汚染状態について定めたものである。

2.この表に掲げる排水基準は、1日当たりの平均的な排出水の量が50m3メートル以上である工場又は事業場に係る排出水について適用する。

3.水素イオン濃度及び溶解性鉄含有量についての排水基準は、硫黄鉱業(硫黄と共存する硫化鉄鉱を掘採する鉱業を含む。)に属する工場又は事業場に係る排出水については適用しない。

4.水素イオン濃度、銅含有量、亜鉛含有量、溶解性鉄含有量、溶解性マンガン含有量及びクロム含有量についての排水基準は、水質汚濁防止法施行令及び廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令の施行の際現にゆう出している温泉を利用する旅館業に属する事業場に係る排出水については、当分の間、適用しない。

5.生物化学的酸素要求量についての排水基準は、海域及び湖沼以外の公共用水域に排出される排出水に限って適用し、化学的酸素要求量についての排水基準は、海域及び湖沼に排出される排出水に限って適用する。

6.窒素含有量についての排水基準は、窒素が湖沼植物プランクトンの著しい増殖をもたらすおそれがある湖沼として環境大臣が定める湖沼、海洋植物プランクトンの著しい増殖をもたらすおそれがある海域(湖沼であって水の塩素イオン含有量が9000mg/Lを超えるものを含む。以下同じ。)として環境大臣が定める海域及びこれらに流入する公共用水域に排出される排出水に限って適用する。

7.燐含有量についての排水基準は、燐が湖沼植物プランクトンの著しい増殖をもたらすおそれがある湖沼として環境大臣が定める湖沼、海洋植物プランクトンの著しい増殖をもたらすおそれがある海域として環境大臣が定める海域及びこれらに流入する公共用水域に排出される排出水に限って適用する。

ダイオキシン類を含む汚水又は廃液を排出する施設と排水基準(H17.8.15総理府令第277号)

番号 特定施設の種類 排出基準
1 硫酸塩パルプ(クラフトパルプ)又は亜硫酸パルプ(サルファイトパルプ)の製造の用に供する塩素又は塩素化合物による漂白施設 10 pg−
TEQ/リットル
2 カーバイド法アセチレンの製造の用に供するアセチレン洗浄施設
3 硫酸カリウムの製造の用に供する施設のうち、廃ガス洗浄施設
4 アルミナ繊維の製造の用に供する施設のうち、廃ガス洗浄施設
5 担体付き触媒の製造(塩素又は塩素化合物を使用するものに限る)の用に供する焼成炉から発生するガスを処理する施設のうち、廃ガス洗浄施設
6 塩化ビニルモノマーの製造の用に供する二塩化エチレン洗浄施設
7 カプロラクタムの製造(塩化ニトロシルを使用するものに限る。)の用に供する施設のうち、
次に掲げるもの
  イ 硫酸濃縮施設
  ロ シクロヘキサン分離施設
  ハ 廃ガス洗浄施設
8 クロロベンゼン又はジクロロベンゼンの製造の用に供する施設のうち、次に掲げるもの
  イ 水洗施設
  ロ 廃ガス洗浄施設
9 4-クロロフタル酸水素ナトリウムの製造の用に供する施設のうち、ろ過施設、乾燥施設及び廃ガス洗浄施設
10 2,3-ジクロロ-1,4-ナフトキノンの製造の用に供する施設のうち、ろ過施設及び廃ガス洗浄施設
11 ジオキサジンバイオレットの製造の用に供する施設のうち、ニトロ化誘導体分離施設及び還元誘導体分離施設、ニトロ化誘導体洗浄施設及び還元誘導体洗浄施設、ジオキサジンバイオレット洗浄施設及び熱風乾燥施設
12 アルミニウム又はその合金の製造の用に供する焙焼炉、溶解炉又は乾燥炉から発生するガスを処理する施設のうち、廃ガス洗浄施設及び湿式集じん施設
13 亜鉛の回収(製鋼の用に供する電気炉から発生するばいじんであって、集じん機により集められたものからの亜鉛の回収に限る)の用に供する施設のうち、精製施設、廃ガス洗浄施設及び湿式集じん施設
14 担体付き触媒(使用済みのものに限る)からの金属の回収(ソーダ灰を添加して焙焼炉で処理する方法及びアルカリにより抽出する方法(焙焼炉で処理しないものに限る)によるものを除く)の用に供する施設のうち、ろ過施設、精製施設及び廃ガス洗浄施設
15 廃棄物焼却炉(火床面積0.5m2以上又は焼却能力50kg/h以上)に係る廃ガス洗浄施設、湿式集じん施設及び汚水又は廃液を排出する灰の貯留施設
16 廃PCB等又はPCB処理物の分解施設及びPCB汚染物又はPCB処理物の洗浄施設及び分離施設
17 フロン類(CFC及びHCFC)の破壊(プラズマ反応法、廃棄物混焼法、液中燃焼法及び過熱蒸気反応法によるものに限る)の用に供する施設のうち、プラズマ反応施設、廃ガス洗浄施設及び湿式集じん施設
18 水質基準対象施設から排出される下水を処理する下水道終末処理施設
19 水質基準対象施設を設置する工場又は事業場から排出される水の処理施設

≪ 前のページへ (大気汚染関係) 次のページへ (土壌汚染関係) ≫